カシス(ブラックカランツ・黒房すぐり)
ブラックカランツ(カシス)はブルーベリーに比較して各種栄養素(カルシウム・鉄分・ビタミン等)含有量が多く含まれています
ヨーグルトにジャムをのせてアップルミントを添えてます。
  ブラックカランツ(黒房すぐり・カシス)』 はヨーロッパ北部などの地域に原生している果実です。  
このいわゆる『黒房すぐり』は
カシスポリフェノール、アントシアニン、ペクチン、ビタミンC、クエン酸等が含まれており、ポリフェノールの含有量はブルーベリーをはるかにしのぎ、近年非常に注目されているベリー系の食用小果実です。

 農園では約25年余前に地元の弘前大学からこの苗を頂き、園地で栽培育成しており、収穫後枝から一粒一粒手摘みして手造りの
『ブラックカランツ・ジャム』(カシスジャム)として販売してます。
  写真の添えている葉はアップルミントです。
ブラックカランツ(黒房すぐり) 
アントシアニンを含むカシス ブラックカランツ・黒房すぐり(写真)
カランツジャム(カシスジャム)ヨーロッパの多くの国々ではブラックカランツ(カシス)を古くから、ジャム・ジュース・ケーキ・ワイン・料理等に利用してきました。 これはカランツの果実や葉、種子油に含まれる多様な成分が健康に良いと、長い生活習慣の中で実感し生活の一部に取り入れ『長寿のベリー』、『ジャスト・ザ・ベリー』と称されております。
ブラックカランツの小さな実の中には他の果物には見られないほどの多くのミネラル、ビタミン、ファイトケミカルが含まれていて、その効能にようやく日本でも注目が集まってきました。

 

 ジャムとしてパンにつけるのはもちろんヨーグルトやアイスクリームに添えて食べるのもいいです。
 1個(250g入り) 600円 ( 消費税込)
 保存料、着色料を一切使用しておりませんので開栓後は冷蔵庫に入れお早めにお召し上がり下さい。
佐藤謙治農園  

ブラックカランツの呼称はカシス、ブラックカラント、カラント、カランツ、黒すぐり、黒房すぐりとも言われてます。
健康に良いと思い25年余、手間がかかりますが頑張って作っています。
 

佐藤謙治農園のジャム・『ブラックカランツ』

ローカルネット商舎&佐藤謙治農園