祭りは日本全国どこの町でも 「おらがとこが一番」 でございます。
その言葉どおり黒石市でも 「おらが一番」 の『黒石ねぷた』と『黒石よされ』が夏の期間に開催されます。
ねぷたは青森市や弘前市が代表的なねぷた祭りとして全国に紹介されておりますが、黒石市のねぷたは近隣の町村からも参加する独特の運行をしており、各町内単位で製作されたねぷたはそれぞれに趣があり、観光化されていないその風情はなかなかのものです。
 黒石よされは日本三大流し踊りといわれ、黒石よされの夜の流し踊りは2日間にわたって黒石市内を華麗に踊りまくり、町じゅうにこだまするよされの掛声は圧巻です。 老若男女問わずあでやかな舞姿は必ずや心を踊らせてくれます。


 
是非ともこれら期間中、夏の夜のひととき黒石市にお越しください。

 黒石ねぷた期間 : 平成29年7月30日〜8月5日
 7月30日と8月2日は合同運行日となりますのでお見逃しなく!
 黒石ねぷたは人形ねぷた&扇ねぷたで県内一の運行台数で、ねぷたは小規模ながらその造り方は繊細で色彩も鮮やかな黒石衆自慢の無形民族文化財です。 特に高欄のついた人形ねぷたの造りは伝統を受け継ぎ、地域文化の歴史と格調の高さを感じさせます。.


 黒石よされ期間 : 平成29年8月15日〜20日
 8月15日と8月16日によされ行事が集中しますのでお見逃しなく!
今も昔も楽しいよされ
黒石よされは流し踊り、組み踊り、まわり踊りの3つで構成され三千人もの踊り手による流し踊りは観客を魅了し、まわり踊りは観客を呼び込んでの熱気ある祭りです。




津軽黒石四季彩たより