りんごのQ&Aについて

    Q1 無袋りんごと有袋りんごの違いは
有袋りんごはりんごに袋かけて栽培するもので、果実の着色や見た目の外観を良くし病害中を予防するために行われてます。袋をかけないで栽培する無袋りんご(サン○○)は、日光を十分に浴びせて育て外観より味本位に重点をおいて育てるものです。
お客様の好みや用途によってどちらを選択するかという事になりますね・・・
無袋(むたい)りんご 有袋(ゆうたい)りんご
無袋(むたい)りんご 有袋(ゆうたい)りんご

    Q2 低農薬栽培とは
農薬は最小限に抑えるように努めています。一般的な薬剤使用の4割から5割程度しか使用しません。経験と技術と手間をかけるの三位一体でりんごに抵抗力をつけさせ病害虫に対処してます。
当園では除草剤も使用せず、草生栽培や有機肥料によって土中の微生物やミミズを増殖させて、根に活力をつけています。

    Q3 よいりんごの見分け方は
一般的には色が鮮やかで艶のよいもので、しっとりと重くりんごの尻が赤く黄色味がさしているものが良いのですが、着色系のりんごも多いので見ただけでは難しいです。

    Q4 りんごはいっせいに収穫しないのですか
収穫時期は地域により若干違いますが、黒石周辺ではそれぞれの品種ごとに秋の9月から11月までとなります。
当園の栽培品種「つがる」は早生種ですので9月中旬から9月下旬、それからジョナゴールド、王林、一番遅い「ふじ」は11月上旬頃となります。生育状況にあわせて実廻し等りんごと対話しながら?、りんごがおいしい時に「すぐりもぎ」をしてます。

   Q5 「農家産直りんご」のよさは
1.作っている人がわかる。(性格まではわからないけど・・・)
2.作っている地域・場所がわかる。(これが大事・・・)
3.りんごが同一の物。(
混ぜ物がない・・・これまた非常に重要、あるんですよね・・・・)
4.まずいりんごだと次は注文が来ないので必死!

青森りんごは低農薬でそだてたりんごをお求めください。

ローカルネット・商舎&佐藤謙治農園