伝統こけしを引き継ぐ津軽の匠たち
温湯こけし(故 小島俊幸作)
温湯こけし は、東北地方の伝統こけしのひとつで、津軽の南東に位置する四季豊かな黒石市温湯から生まれたものです。 簡素な造形に素朴な色彩を基本としており、こけし工人の卓越した技で、こけしそれぞれに奥深い造形美を生み出してます。
  こけしの製作は、材料である原木の削りから最後の彩色に至るまで、同一工人の手によって行なわれます。こけしの表情は製作する工人の心情が表れるように微妙な色や線となり、それぞれに味わい深いものがあります。

津軽の静かな温泉で生まれた温湯こけし


        


津軽黒石四季彩たより・ローカルネット商舎